購入申込書1番手、2番手、ローン解約、属性、現金

契約の前に
「この不動産欲しい」
となった場合に
「購入申込書」
が必要になります。
この購入申込書は別名「買いつけ」とも呼ばれていて売主さんへの
購入の意思表示となります。
よくあるのですが購入申込書は取り下げされることもよくあります。
本当はよくないんですが、本当によくあることなのでね笑。
なので売買契約というのがあるんですよね。
罰則とリスクがあるので買主、売主ともにやめられなくなるようにね。
私の場合は
「本当に欲しい気持ちが固まったら書いてください」
と言っています。
取り下げされるとそれまでの準備や不動産の調査、あと売主にも
大変迷惑かかるので。
なので「欲しくないようでしたらやめましょう」
ともよく言います笑。
欲しくないものを買うことは不動産の場合100%無理です笑。

購入申込書を書く場合は物件の希望価格、契約の希望日時、引き渡しの希望日時、
住宅ローンどこで組むのか、ローン条項ありか無しか、手付の金額、
などを書いていきます。
100%無理な時もありますが、正直言ってどの物件も少しは値段下がります。
値段がまとまったあとに「もう少し下げてくれ」とは言えないので、
このタイミングは非常に重要です。
あまり下げすぎた金額だすと私も売主やってわかるのですが
「このお客は本当に買う気あるのか?」
と思われてしまいます。そうするとあまり下げてくれない場合もよくあるので
ご注意してください。
(簡単に言うと市場に出たばかり、または完成したばかりの物件は大きく下がりません。
逆に2、3か月たって売れ残っている物件は大きく下がる可能性あります。
ただ本当にケースバイケースです。
私の経験上では1円も負けてくれなかったケースと、3000万円値段下がった
ケースがありました。不動産屋ってうさんくさいな、と思われちゃいますよね笑。
ただ実話です)

後は同じ金額の購入申込書が2通売主に届いた場合はお客さんの属性(職業ね)
次第になります。
少しだけややこしい話になりますが、
業界の慣習上先に購入申込書出した人に1番手の優先権があります。
仮に3000万円の物件で1番手の人が2900万円で購入申込書をだしていた。
翌日2番手の人が3000万円で購入申込書を出してきた。
本当にケースバイケースなんですが通常1番手の人にまず連絡が来て
「2番手で3000万円の購入申込書が入りました、なので3000万円に
買い上げしますか?」
と聞かれるパターンが1番多いかな、、、、
1番手の人が「3000万円にします」と言うと、1番手に優先権あるケースが
多いです。
ただ「考えるので2、3日待ってくれ」という返事になるとそのまま2番手の人が
買えるケースが多いですね。
ちょっと話ずれましたが、こういうケースで2番手の人でも1番手になれるケースが
あります。
また1番手の人が年収が低く自営業、2番手の人が公務員。
この場合売主は高い確率で2番手の公務員選ぶケースがあります。
理由はローンが通る可能性が高いのでね。
ただそれよりも強いのが現金。
ローンの解約は100%ありません。
現金のお客さんの場合は1番仲介としても交渉しやすいです。
売主に言いやすいんですよね
「このお客さんは現金なので、ローン解約もないし、決済の日取りもすぐに
決められます」
ってね。
売主やるとわかるんですがローン解約を1番嫌がります。
契約していろいろ対応して時間かけてローン解約になると1円にもならないんでね。
仕事される方ならこの意味わかると思います。
なので自分がローン通る人なのかはちゃんと審査しておいた方が
いいですね。
その方がまとまる可能性高いです。

色々書きましたが購入申込書に100%のパワーはありません。
売買契約でハンコを押して、手付金払うところまでいったら
ほぼ間違いなく購入する権利が出来ます。
購入申込書を出してから契約までは2日から1週間以内が多いです。
今だに
「購入申込書を出したその日に契約です」
という会社がありますが、不動産の調査という私たちの仕事の義務を放棄していると
しか思えない。
契約書作ったり、調査したり、誤字脱字ないかとか何回も確認したりするので
10時間ぐらいかかりますしね。
いきなり契約迫る会社はお客さんの心変わりを恐れているからです。
気の変わらないうちに契約しろ、という命令の会社ですね、、、、、
そういう会社嫌なんで自分達でやってます笑。
1個だけフォローするとすぐに契約すれば、他からの購入申込書がもう入らなくなります。
そうすると値段下げて申し込んでまとまった場合は他からの横やり入らなくなるんでね。
難しいところですね、、、、
購入申込書を書いて金額がまとまったら2,3日後に契約するのが
1番ベストかな、とは思います。

最後に購入申込書はプレッシャーかかるものです。
お客さんの生唾の音が聞こえたり、手が震える方もいます。
(そりゃそうですよね、何千万という買い物だし、ローンも30年以上
組むんですからね。ローンという名のただの借金です笑)
軽はずみなことは言えませんがじっくり考えて決断してくださいね。

このHPは売却専門ですが当社も購入の仲介もしております。
購入希望の方は
「不動産を買いたい方へ」
にお進みください。

関連する記事