さいたま市北区土地(古屋有)の契約終了です。

2015年12月26日無事に土地のご契約が終わりました。
今回は買主も当社が見つけましたのでこのHPでよく書いてある
「両手取引」
になっております。

今回は売主さんが他の仲介会社とかなり大変な事になっており、
その手助けという形で売却のお手伝いになりました。
無事に決済終わりましたらその内容書こうと思います。
先ほどもご契約の時に
「~~~の会社は契約書とか一切見せなかったしな」
と売主さんが仰っていました。
事前に契約書(重要事項、売買契約書、特記事項)を
詳しく説明していましたので契約時は30分もかからずに終わりました。

今回の売却の活動はHPに書いてある通りやり方です。
・レインズに登録する
・他社にも広告掲載可能にする
物件を隠さずに、独占で扱わずに多くの人に見てもらい、出来る限り高い金額を模索する。
書くと単純なことですが、これが出来る会社は少ないです。
また当社は自分達でも営業をします。
そうなると両手取引になりますので、私達も嬉しいです。
ですが他社の営業が良い買主、良い金額の申込書を持って来たらそちらを優先させます。
その場合は私達は両手取引になりませんが、売主さんの利益が優先です。

このルールは守りながら売却活動をしています。
そのようにすると100%ではありませんが、ほぼ大手の査定書の金額よりも
高い金額での売却になります。
今回は前の会社がひどかったこともあり、25%前後金額が上がりました。
(査定金額ではありません。実際の購入申込書の金額です。
査定金額は誰でもどこの会社でも高く出来ます。
必要なのは契約書での金額の記載、引渡しの時に実際に入金される金額です)

「それはすごいですよ」
と購入申込書の金額をお伝えした時に、興奮したようにそう仰られました。
それなりに長く不動産屋していますが、初めての経験でしたね。

本日は売主さん、その親戚の方もいらっしゃいましたが非常に穏やかな契約でした。
安心してるのがわかりますし、頼っていただいているのもわかります。
そして売買契約の内容、金額に納得して満足されているのもわかります。
そのような表情して頂いていると私達もやはり嬉しいです。

今回の買主さんは不動産業者です。
20社前後に私達が営業かけて1番高い金額を提示して頂きました。
ちょうど月末で仕入れノルマがあるので買わなくてはいけない、という
状況もありましたが、無事に契約して頂きありがとうございます。

2015年も終わりますね。
改めて思いますが、売主、買主、仲介全てが納得して満足した契約になると、
仕事のやりがいがあります。
年明けにまた売却の依頼受ける予定です。
引き続き責任もって丁寧に仕事していきたいと思います。

関連する記事