さいたま市中央区桜丘中古一戸建て(購入側)ご契約になりました

さいたま市中央区桜丘中古一戸建てT様ご契約ありがとうございます。
今回のケースは売却ではなく購入のお客様です。
当社はこの
「納得不動産売却」
のHP以外にも、夕景不動産のHP、ゼロさいたまのHPを持っています。
通常このような企画が違う場合は担当する営業も専門部署にに分かれて別々になることがほとんどかと思いますが、当社の場合は一緒です笑。
同じ営業が出てきます。

不動産仲介は購入、売却両方の仲介が出来ないといけないんです。
そうしないと売り側の立場から見た買主の立場、買い側の立場から見た売主の立場、逆の立場の人が何を考えて何を悩んでいて、今何を思うのかを知らなくてはいけないんです。
そういうのを知っているからこそ交渉なども有利に進める事も出来ます。

今回のお客様の場合は当社が買い側の仲介をしております。
この売却HPにお問い合わせ頂くお客さんの仲介をする時とは逆の立場です。

売却依頼頂いた場合は売主さんの立場になって考えます。
「いかに高く売る方法は?」
「取引の際に売主さんの方に出来るだけ良い条件にしたい」
そういう風に我々が考えるのは当然ですし、当社で売却依頼頂いたお客さんには全力尽くします。

ただお客さんが
「購入」
の目的で来た場合は完全に立場変えるんですね。
「どうすれば安く買えるか」
「どうすれば取引の際に良い条件引き出せるか」
完全に反対の事を考えます笑。
それは買主さんの立場にいる仲介だからです。

業種は違いますが、ある意味弁護士が加害者側の弁護士、被害者側の弁護士、どちらに付くかによって立場が変わるのと似ています。
やると色んなことありますし色んなこと思うのも事実です。
最終的には
「当社に依頼頂いたお客さんが満足して納得していただけるように対応する」
というのが1番大事な事だな・・・と思います。
仲介手数料頂いていますしね。
お金を頂けるのに何もしない仲介営業は失格だと思います。

そして今回の売主さんは他の不動産会社と専任媒介を結んでいる売主さんです。
正直な所良い条件、契約内容で契約が出来ました。
汚い話なんですが、売主が不利な条件は買主が有利になります。
我々は買い側の仲介です。
我々が売主寄りの仲介の場合だったら色んな文言外させて売主さんに引き渡し後もリスクないようにするのですが、今回は買主よりなので気がついても黙ってるんです笑。
言わなければ買主さんが有利になって売主が不利になるだけです。
買主さんを優先させるのが当然です。

買い側と売り側の両方が出来ると、相手側の立場や考えもよくわかるんですね。
非常に大事な事です。

私達は現在も購入、売却共に仲介する不動産屋です。
お答え出来る事も多いと思いますよ。
何でも聞いてくださいませ。

関連する記事