さいたま市ハザードマップ(水害、浸水履歴)

2020年8月の宅建業法改正により
「水防法に基づくハザードマップに関する記載」
が重要事項の説明に追加されました。
不動産を購入される方からの質問の中で
「ハザードマップ、水害の被害」(荒川、鴻沼川、芝川など)
は今まで以上に聞かれる割合が多くなりました。

今後不動産を購入される方、売却される方双方ともに知っておかなくてはいけない情報です。
さいたま市のみになりますが、
「水害履歴」
の一覧になります。
不動産の売買に役立ててくださいませ。

以下さいたま市のハザードマップ(水害履歴、浸水履歴)情報になります。
リンク先から各エリアの情報が見れます。
(土地相場なども合わせて記載しております。
情報量が多い為スマホだと見にくい点がありますがご了承ください)

さいたま市大宮区ハザードマップ

さいたま市北区ハザードマップ

さいたま市西区ハザードマップ

さいたま市見沼区ハザードマップ

さいたま市岩槻区ハザードマップ

さいたま市桜区ハザードマップ

※他のエリアに関しては今後更新予定。

実際の現場では今回の記載内容以外にも
「水害があった」
などの情報が出る事はちょくちょくあります。
購入される方でどうしても心配な方は購入物件周辺の近所の方に直接
「水害があったか?」
とご自分で確認されるのが1番良い方法かと思います。
(不動産屋が聞くと怪しまれて教えてくれないこともあるんです笑)

売却される方はこのHPでもよく書いていますが
「素直に事実を述べる事」
を大事にしてください。
知っていた情報を隠すと
「瑕疵(契約不適合責任)」
の対象になり、損害賠償される可能性があります。
本当に心の底から思いますが
「素直が1番」
ですよ。
不動産売買でとても大事な要素です。

購入される方、売却される方の役立つ情報になれば幸いです。
売却ご希望の方はこのHP読んでみてくださいませ。
購入希望の方で新築一戸建てお探しの方は当社が運営する
「ゼロさいたま」
のHPをご覧ください。

関連する記事