司法書士と土地家屋調査士と4時間打合せ

今日は司法書士と土地家屋調査士と4時間打合せしてました。
各2時間ずつで4時間ちょい。
普段と違う頭使ったので疲れた笑。

普段はそこまで打合せが必要ではないのだが、確認しなくてはいけない内容が多く
話をしていたらかなりの時間になった。
専門的な結構難しい話の内容です。

不動産は専門分野に別れている職種が多いです。
土地の境界、測量に関しては土地家屋調査士。
登記に関しては司法書士。
各々の専門分野は聞いた方が専門家の知識を聞いて、対処法や今後の費用などを
確認していく。
仲介の仕事は基本は不動産取引。
でも1番のメインはなんだかんだでお客さんと話をする接客だと思う。
話をする上で専門分野じゃない事も聞かれたらある程度答えられるようにしたい。
内容が専門分野すぎて難しそうだったり、絶対にミスが出来ない話の内容は持ち帰って調べさせてもらう。
そして正式な回答を答える。

不動産の売却をする際に土地家屋調査士や司法書士が必要なケースは非常に多くあります。
いつも一緒に組んで仕事やっている2人ですが、
「責任もって、お客さんの為を思って仕事はしてくれ」
と真顔で言っています笑。

しっかりやってくれる人たちですが、その上さらに自分がプレッシャーをかけてミスを
出来ないようにする。
自分も行った手前更に責任を感じて仕事をするので、より良いものになっていく。
個人的には良い連鎖だと思っています。

司法書士や土地家屋調査士も紹介できますよ。
自分の考えに近い人当たり良い人たちなので、対応良く仕事してくれます。

関連する記事