中古マンション無事引渡し終了です。

12月21日(月)

中古マンションの引き渡しが無事に終了しました。
このHPでも何度も書いていますが、マンションの傾斜問題真っ最中の中で
販売活動をしましたが、結果として今までと変わらずに無事に引き渡しが
終了しております。
今回の売却にあたり取った方法は
・広告掲載全て可能
(ホームズ、アットホームだけは売主さんの了承を得て当社のみ掲載)
・レインズに登録
などです。
これだけ書くと大したことないように思うかもしれませんが、大手仲介会社の場合は
ほぼ100%他社が広告できないようにしています。
(わかりやすく書くと当社は大手が専任媒介結んでいる物件を広告出来ない)

当社の場合は自社でも営業をしますし、他の数百ある不動産会社にも広告や営業を
お願いしております。
他社の不動産会社がお客さんを見つけてきてくれて、成約となりました。
成約となりましたので売主さんから仲介手数料を頂きます。
ですが買主さんを見つけたのは他社さんの不動産会社なので、私達は買主さんから
手数料を頂くことが出来ません。
いわゆる
「両手取引」
にはなっていないんですね。
他社に広告できないようにして、自分の会社のみにお客がくるような大手と同じ仕組みを
すれば2倍の売り上げになりますが、そうなるとオークションのような大勢の人に見てもらうような
仕組みは出来なくなります。

今回のお客さんから査定を頂いた時に、数社の大手の査定書を見せてもらいましたが、
その査定書よりも実際の売却価格として約10%前後高くなりました。
査定書を高くすることはどこの不動産屋でも出来ますが、
実際の売却金額を実際に高くすることが出来る不動産屋は限られます。

不動産売却一括査定などの
「査定金額高くなりました」
などの根拠のない表現が多く書いてあります。
1番お客さんが必要なのは
「実際の引き渡しの時に高い金額。そして問題なく終わる不動産取引」
です。
現場で長く働いているので、このようになった時が1番お客さんが喜んでくれるタイミングです。

今回の中古マンションの売却ありがとうございます。
約4か月かかりましたが、年内に売却出来て良かったですね。
購入申込書が送られてきて、お電話で価格を説明した時に興奮した様子は
よく覚えております。
納得した不動産売却のお手伝いが出来てこちらも嬉しく思います。

追記
週末に今月お預かりした土地の売却の契約になりそうです。
このお話はかなりすごいです笑。
「ある大手の不動産会社に、広告掲載に必要な紙にサインして下さい、と言われたら
専任媒介契約書だった。(実話です)」
という相談からスタートしたお客さんです。
しばらくしたらコンプライアンスに引っかからない程度に書くかもしれません。
良い不動産屋、良い担当を見つけることが不動産取引の成功の方法ですよ。

関連する記事